市販

ほとんどの市販の制汗剤ではわきがや脇汗に大きな効果を期待できません。

TVで芸能人が宣伝しているから良さそう、良い香りがしているから効きそう・・・と勘違いしていると、むしろますます臭いが強くなり、汗もたくさん出てしまいます。

どうして市販の制汗剤では効果を実感するのが難しいのか、悪化してしまうのか。本当に効果の高い制汗剤を選択するにはどの部分に気をつければ良いのかチェックしていきましょう。

スプレータイプの制汗剤に大きな効果を期待してはいけない

ドラッグストアなどで見かける制汗剤はスプレータイプのものが多いですよね。制汗剤のTVCMでもスプレーをわきにシューッとあてているのをよく見かけます。

ただ、あれは冷気で無理やり汗を乾かしているだけです。長時間、汗を抑えることは難しいです。汗を抑えるための成分を配合している製品もありますが、スプレータイプでは肌に付着しづらく、すぐに流れてしまいます。

むしろ汗を乾燥させてしまうと、肌に異常が発生したと勘違いしてしまい、皮脂や汗がもっとたくさん出るようになっていしまいます。

朝から晩まで、汗や臭いをデオドラント製品で対策したいのであれば、クリームで塗るタイプのものを選ぶようにしましょう。

香りの強い制汗剤はにおいをごまかしているだけ

良い香りのする制汗剤多いですよね。フローラルやシトラス、ミントの香り、つけると気分も上がります。

ですが、それでは体臭を抑えられません。

わきがの臭いは汗と菌が反応して発生するものです。良い香りを肌に吹き付けたところで、臭いの原因菌を殺菌しないと、すぐにわきがの臭いが強くなってきます。

わきがの臭いとデオドラントの香りが混ざって、より強烈な悪臭にもなり得ますので、良い香りがするというだけでデオドラント製品を使用するのはやめましょう。

また、敏感肌の人は香料で肌が荒れてしまう人もいます。わきがかぶれたり、ヒリヒリしたら即座に使用するのをやめてください。

肌に刺激の強い成分が入ってるものもある

消臭効果を強めるために、刺激の強い成分を使用しているものもあります。

市販のデオドラント製品で肌荒れや金属アレルギーを引き起こしたという口コミも少なくありません。敏感肌の人で肌が荒れたから、制汗剤は二度と使いたくないという人もいます。

制汗剤は植物由来の成分を中心に配合していて、無添加・低刺激のものを選ぶようにすると肌トラブルも起きにくくなります。特に肌荒れしやすい敏感肌の人は成分を注意してみるようにしてください。

わきがや脇汗を対策できるデオドラント製品の条件とは?

わきが・脇汗の多い方は、市販の制汗スプレーを使って臭いを緩和するのは正直難しいです。

    わきのトラブルを改善を期待できるデオドラント製品の条件
  • 脇汗を乾燥させるのではなく、汗の原因「汗腺」に働きかけるもの
  • 消臭・殺菌効果が高く、肌に刺激の少ない成分を使用しているもの
  • 効果を長持ちさせることができるクリームタイプのもの
  • 体臭と反応しないように、デオドラント自体の香りが少ないもの

この4つのポイントを満たした制汗剤はドラッグストアで見つけることはできないでしょう。市販の制汗剤は広告費にかなりお金をかけながらも、製品の価格を抑えるために、本当に汗や臭いに良い成分を使用することが難しいという事情もあります。

本気で対策するのであれば、ネット通販でのみしか取り扱いしていない、上記4つの条件を満たしたデオドラント製品がおすすめです。当サイトのデオドラントランキング上位のものはもちろん、全ての条件を満たしているものだけです。

市販の製品に比べると、ちょっと価格が高いかも・・・と考えてしまうかもしれませんが、全額返金保証がついているものもあるので、一度だけでも試す価値はあります。

私も実際に使用してレビューしているので、参考にしていただけたら幸いです。

⇒わきが・脇汗対策におすすめの制汗剤ランキングはこちら