赤ちゃん

母乳を飲んでいる赤ちゃんの口がわきが臭いと思ったことはありませんか?

これは、赤ちゃんがわきがになっているのではなく、お母さんの母乳に原因があるのです。まだ幼くてかわいい赤ちゃんのニオイが気になり出して、ショックを受けている人もいるかもしれません。今回は、赤ちゃんからわきがのニオイがする原因や対策についてご紹介いたします。

赤ちゃんのわきがのニオイの原因について

わきがの原因となるアポクリン汗腺は、実はわきだけではなく、乳輪のまわりにもあります。乳輪まわりで症状が表れた場合は「チチガ」と言われています。チチガの症状が発生しているお母さんの母乳を飲んだ赤ちゃんから、チチガのニオイがしてしまうのです。

母乳を飲んだからといって、赤ちゃんにチチガがうつることはありませんし、チチガのニオイが気になるのも一時的なことが多いようです。授乳期を過ぎれば元に戻るので、あまり気にし過ぎないことも大切です。

授乳期間中にわきがの症状がでることはないので安心してください。仮にわきが体質の場合でも症状が出始めるのは早くても小学校高学年前後です。

母乳からわきがのニオイがするのは何故?

これまでニオイが気にならなかったのに、授乳中に初めてニオイに気がついたという人も多いのではないでしょうか。突然ニオイがするようになったのは、出産によるホルモンバランスの乱れが原因となっています。

出産後はホルモンバランスが崩れやすいだけでなく、免疫が落ちていることもあって、チチガを発症しやすいのです。赤ちゃんはお母さんのおっぱいのニオイでお母さんを識別しているので、チチガのニオイも赤ちゃんの目印になっていることがあり、授乳期間中にチチガのケアをし過ぎるのはあまり良くないようです。

チチガのセルフチェックをする方法

赤ちゃんの口からわきがのようなニオイがした場合は、チチガの可能性が高いです。もし分かりにくければ、ブラジャーのニオイを嗅いでみると良いでしょう。ブラジャーを外して少し時間をあけてから嗅いでみると、チチガのニオイを判別しやすいです。また、ブラジャーの中が黄色くなっている場合も、チチガの症状が表れています。

わきがになっている人は、チチガになる可能性が高いのですが、乳輪まわりのニオイには気づきにくいことが多いです。乳輪まわりを軽くティッシュで拭いてみて、ジップロックなどの密封できる袋に入れて、数分ほど時間をあけてからニオイを嗅いでみても分かりやすいです。

チチガにも使えるクリームがおすすめ

アポクリン汗腺はわきよりも乳輪まわりの方が少ないため、チチガ対策は比較的簡単です。チチガのニオイが気になるのは一時的だとはいっても、赤ちゃんの口のニオイが気になるのは、なんとかしたいという人もいるでしょう。

チチガの対策には、消臭石鹸やデオドラントがおすすめです。あまり完璧にニオイを抑えすぎると、赤ちゃんがお母さんのニオイを識別しにくくなるので、乳輪まわりを清潔に保ち、汗が出にくくなるタイプのものや汗の臭いが気にならなくなるタイプのものを選択すると良いですね。

市販の制汗スプレーなどは、デリケートな乳輪まわりには不向きです。炎症を起こしてしまっては大変なので、チチガにも安心して使えるデオドラントを使いましょう。お肌がさらさらした状態を保つことが出来るので、赤ちゃんにも気持ちよくおっぱいを飲んでもらえるのではないでしょうか。

チチガにも使えるデオドラントなら、お肌に優しい成分でつくられているので、赤ちゃんへの影響も安心ですね。

チチガのニオイに神経質になるのは良くありませんが、必要なケアをしながら安全に授乳期間を乗り切ってください。蒸れにくいブラジャーを着用したり、ホルモンバランスを整えるために食生活を見直したりすることで、チチガのニオイが自然に気にならなくなるでしょう。