黒人

 

わきの下などにある、アポクリン腺から出る汗が原因のわきが。

日本人はわきがに対して敏感な傾向があるため、わきが体質の人はケアにとても気を使うことでしょう。一方で、海外にはわきが体質の人が多いため、日本人ほど気にする風潮はないようです。

特に黒人のわきが率は100%と言われています。そこで、黒人の人達がわきがをどのように捉えているのかに注目してみました。

わきがは人種によって割合が違う!

わきがと呼ばれる体質になるかどうかは、アポクリン腺と呼ばれる汗腺の数や大きさによって決まります。

アポクリン腺は誰の体にも存在するものですが、人によって生まれ持った数や大きさは違い、腺の数が多い人や大きい人には臭いも強い傾向があるようです。

そして、わきがは遺伝すること、人種によってわきがの割合が異なることも分かっています。

アジア人にはわきがの割合が少なく、日本人には10~15%ほど、中国人には3~5%ほどしか見られません。その一方で欧米人には多く、白人は70~90%、黒人はほぼ100%の割合でわきがと言われています。

欧米人にわきがを気にする傾向がないのは、わきが体質の人が多くいるためでしょう。逆に日本人がわきがを気にするのは、わきが体質が少数派のためと考えられます。

また、両親共にわきがの場合は子供がわきがになる確率が非常に高く、片親のみがわきがの場合は50%、両親共にわきがでない場合は子供がわきがになる可能性はほとんどありません。

そのため白人や黒人とのハーフであれば、わきがになる可能性は高いでしょう。

黒人はわきがをどうしてるの?

黒人女性

ほぼ100%の割合でわきがである黒人の人達は、わきがをどのように対処しているのでしょうか。

答えは、きちんと消臭する、良い香りを身につけるということにあります。

一見、日本と変わらないように見えますが、日本人の基本的な考えは無臭を良いとすること、欧米人の考えはエチケットとして消臭をすることにあるので全く違うと言えるでしょう。

日本ではわきが体質であることを恥ずかしいこと捉えますが、海外では体臭があるのは当たり前、デオドラントケアをきちんとできていないのが良くないことなのです。

そのため、欧米では子供が思春期になる頃に家庭や学校で体臭対策について教える風潮が見られます。

まずは小まめにシャワーを浴びることを大切としており、朝晩のシャワー習慣は珍しくありません。更に、デオドラント剤を取り入れる、香水を上手に選ぶ等、体臭と上手く付き合う方法を学ぶようです。

特に消臭するというよりは香りを身につけるといった文化が発達しており、デオドラント剤には消臭効果のあるものより、香料を強く使ったものが目立ちます。

→わきがは香水で隠せるの?香水を使う時に気をつけるべきポイント

自分の体臭に合った香りを選び、体臭とミックスさせて良い香りに変えるという考えも見られます。体臭を消すのではなく、体臭と上手に付き合う文化があると言っても過言ではないでしょう。

食生活も関係?欧米人にわきがが多い理由

ジャンクフード

わきがの臭いの強さは遺伝だけでなく、食生活にも左右されます。

特に肉や乳製品といった動物性たんぱく質にはアポクリン腺を活発化させる作用があるため、動物性たんぱく質を摂取することが多い欧米人にわきが体質の人が多くなっていると言えます。

また、日本人にわきが体質が増えているのも、食生活の変化が背景にあると言われています。

もともと体臭が少ないことが特徴の日本人ですが、食生活が欧米化してから、わきがの人口が増えたり、発症する年齢が早くなったりといった傾向が見られるようです。

そのため動物性たんぱく質を中心とした「酸性」の食生活ではなく、梅干や大豆、緑黄色野菜を摂り入れた「アルカリ性」の食事をすることもわきが対策に有効です。

→わきがの臭いを体の内側から抑える食べ物とは

もちろん偏った食事は健康に良くないため、バランスを考えることも大事でしょう。