注射

脇の下をあげたときに、シャツや洋服にくっきりと脇汗の跡が見えると、とても恥ずかしい思いをしてしまいますよね。

制汗剤じゃどうにもならない大量の脇汗を抑えるのにはボトックス注射がおすすめです。ボトックス注射の流れはどうなっているのか?費用はどれくらいかかるのか?治療前に気になるアレコレをまとめてみました。

そもそも脇汗が大量に出てしまう原因は何なのか?

気温や室温が高い時や体を動かして体が温まると、体温を下げようと汗が出てきます。

汗を出す汗腺は全身にあるのですが、脇はその汗腺が集中しているため、他の部位よりも汗をかきやすいのです。そして脇汗をたくさんかいたとき、他の部分と比べて臭いが強いなと感じるのはアポクリン腺が脇の下にあるからです。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があるのですが、脇の下にアポクリン腺があります。

エクリン腺から発せられる汗は、そのほとんどが水分ですから臭いもなく色も透明なのです。それに対してアポクリン腺から出てくる汗は脂質やアンモニア、たんぱく質などが混じっているため色が黄ばんでいたり、脇の下の雑菌とまじりあって嫌な臭いを発生させてしまったりするのです。

そして、アポクリン腺から出てくる汗の量が極端に多い人は、わきが臭を発生させてしまいます。

ボトックス治療で脇汗を抑制する

制汗剤や脇汗パットを活用しても、それが脇汗を抑える、わきがの根本的な解決にはなりません。

そこで病院やクリニックで脇汗やワキガの治療を受ける方もいます。

脇汗を抑制する有効な方法の一つに、ボトックス治療があります。わきがや多汗症の治療として、その原因となっている汗腺を取り除く手術があるのですが、これは外科的な手術は体に与えるダメージも大きいため回復までに時間がかかることが難点です。

仕事や日常生活にも支障が出てきてしまいますので、簡単に手術を決断できないのが現状でしょう。

その点ボトックス治療は体に負担が少なく、ダウンタイムが少ないのが特徴です。ボトックスはわきがの治療にも効果的な方法なのです。

ボトックスには筋肉を麻痺させる効果があり、しわ取りなどのプチ整形でも取り入れられています。わきにボトックスを打つことによって、汗腺の働きを麻痺させて汗をかきにくくしてくれます。

また、わきがはアポクリン腺からの汗が大量発生することで起こりやすくなります。

そのため、ボトックスによって発汗量が減ることは、臭いを抑えることに繋がるのです。しかしボトックスは時間の経過とともに体に吸収されてしまって、その効果が弱まってきてしまいます。効果の持続期間は個人差がありますが、平均で半年から一年は持つと言われています。

ボトックス治療を受けるときの流れと費用

ボトックス治療を受けるときの流れですが、いきなり施術に取り掛かることはありません。まずはお医者さんとのカウンセリングを受けて、お医者さんが脇の下の状態などをよく診察した上で最適な治療方法を考えてくれます。

それから詳しい治療方法や費用について説明を受けます。その治療方法と費用について十分納得がいってから実際の治療に入っていきます。カウンセリングの後にすぐに施術を受けることもできますし、後日施術の日を決めることも可能です。

ボトックス注射を打つときの痛みが気になる場合は、医師に相談すると痛みを軽減するためのケアを施してくれます。

ボトックス注射の処置時間は、注入する量や部位の数によって異なりますが、5分以内で終了してしまうことがほとんどです。その後平均で3日から、4日程度でボトックス注射の効果が現れてきます。

ちなみにボトックス地治療にかかる費用ですが施術を受けるクリニックによっても異なりますし、注入するボトックスの量や部位によっても異なります。相場としては、わきならば1万円前後となっています。

現在では多くのクリニックで効果を感じられなかった場合、無料治療・アフターサポートを実施しています。効果がなかったらどうしよう・・・と悩んでいる方も安心して治療を受けられる環境が整っています。