野菜

会社で重要なプレゼンの前に、緊張のあまり手に汗をかいてしまう。

好きな人を前にするとドキドキして手汗が出てくる。手のひらは普段はあまり目につく場所ではありませんが、手汗に悩む人にとってはとても気になるものです。

実は食べ物で手汗を抑えることができます。即効性はありませんが、どんな食べ物が手汗を予防できるのか知っておきましょう。逆に悪化させてしまうものもあるので注意するようにしてください。

手汗を予防するのにおすすめの食べ物3つ

大豆製品に注目

身近な食べ物で手汗を防ぐことができます。一日一回は食べることがあるようなものばかりです。

まず、大豆製品に注目です。大豆製品といえば、豆腐や納豆、油揚げを朝食に食べている人は多いのではないでしょうか。味噌汁に入れてみると手軽にとることができそうです。

さらに、健康にもよいとされている豆乳もおすすめです。

朝食や、日中少しお腹が空いたときには空腹を満たしてくれる効果もあります。色々な味の豆乳も売られており、コンビニなどで簡単に購入できます。あの独特な味が苦手な人でも気にならないでしょう。

なぜ、大豆製品が手汗を防いでくれるかというと、イソフラボンという成分が含まれているからです。この成分、名前は聞いたことがある人も多いかと思いますが、実は汗を抑えてくれる効果もあるのです。ヘルシーな食材ですし、注目です。

野菜も手汗に効果があります

次に、こちらも身近な食べ物、野菜です。しかし野菜なら何でもよいというわけではなく、ある特徴を持った野菜を積極的に摂ることが大切です。

その特徴とは、体の中の熱を逃がし、さらに体を冷やしてくれる効果のある野菜です。代表的な野菜はきゅうり、トマト、ゴーヤなどの夏野菜の多くにその特徴がみられます。

野菜に手汗を抑える嬉しい効果があるのは意外かもしれません。ダイエット中の女性でも気にせずたくさん食べられるのも嬉しいポイントですね。

同じ野菜でも体を冷やすことなく、自律神経を整えるという理由から手汗を抑えてくれる野菜もあります。シソ、アボカド、山芋などが、効果があるといわれています。

これだけの野菜があの悩ましい手汗を防いでくれる可能性があるとなると、気軽に予防ができそうだと思いませんか?

ハーブも取り入れて

手汗をたくさんかく時、多く場合は緊張によるものです。

野菜をたくさん食べている時間がないときには、極力気持ちをリラックスできるようにする方法があります。ジャスミン茶やハーブが含まれた紅茶などで一息つくことで、緊張が抑えられる効果があります。これなら、少しの時間でリラックスできるのではないでしょうか。

手汗を悪化させてしまう要注意の食べ物とは

手汗を予防してくれる食べ物は、案外たくさんあることが分かりましたが、逆に気をつけなければいけない食べ物もチェックしておきましょう。

会議や大切な商談などの前には、できれば避けておいたほうがよい食べ物もあります。

気をつけておきたいポイントは、リラックス効果よりも神経を興奮させる可能性のある食べ物を知っておくことです。

発汗性のある唐辛子などを含む香辛料を多く使用した料理などは注意が必要です。

例えば、韓国料理、タイ料理、インド料理などは、他にも様々なスパイスが入っていますので、食べた瞬間に汗をかいてしまう人も少なくないでしょう。これらの食べ物には発汗を促してくれる効果がありますので、冷え性の人には有難いですが、汗をもともとかきやすい人にとってはさらに汗を誘発してしまいます。

汗をかきやすいということは手汗もかきやすくなってしまうということです。刺激のある食べ物は大切な打ち合わせの前には食べないようにしたほうがよいでしょう。