女性

夏が来て薄着の季節になると、気になるのが脇の汗やニオイです。

でも、夏のファッションだって楽しみたいもの。ノースリーブは、女性らしく見た目も涼しげで憧れますね。「ノースリーブを着たい!でもわきの汗やニオイが気になる…」と、ジレンマを抱えている人も多いのではないでしょうか。

ノースリーブと半袖はどちらの方が臭いは抑えられるのか、またそれぞれの服装時の対策もチェックしていきましょう。

ノースリーブと半袖、ニオイを抑えられるのはどっち?

自分がわきがと認識している人で、夏でもニオイが周囲に漏れ出すのを防ぐために長袖を着ている人もいます。

ただ、夏に長袖は暑くて蒸れるので脇汗の量が増えて、臭いも強くなってしまいます。実際、長袖を着るというのはわきがに有効な対策とは言えません。

その点、ノースリーブは風通しが良くて汗も乾きやすいのがメリットと言えます。

でも、いくら風通しが良いといっても夏場はやはりたくさん汗をかきます。また、日本の風土はカラッと汗が完全に乾くことが難しい環境です。

汗を吸い取る効果と漏れ出すニオイを防ぐ効果を得るためには、ノースリーブより半袖を着た方が安心といえそうです。長袖より通気性があり、半袖よりニオイが漏れにくいということで七分袖を選ぶ人もいます。

臭い対策という一点のみに絞れば、ノースリーブより半袖の方がおすすめです。

では、わきがの人はノースリーブを完全に諦めなければならないかというと、そんな事はありません!ウエットティッシュなどを常に携帯しておき、汗をかいたらこまめに拭き取ればノースリーブでもニオイを抑えることができます。

ノースリーブを着ている場合の臭い・汗対策

半袖よりも臭いがもれやすいノースリーブですが、適切な対策をすることで臭いを抑えることは可能です。

臭いを気にしないでおしゃれを楽しみたい時のためにチェックしておきましょう。

汗をかいたら少し湿ったタオルで拭きとる

上述した通り、汗をかいたらこまめに拭き取り、清潔な状態を維持すれば臭いは多少抑えられます。

ただ、乾いたタオルで汗を拭いても、臭いの原因菌までは除去することができません。本気で臭い対策をするのであれば、乾いたタオルよりも少し湿ったタオル・ウェットティッシュなどを活用するようにしましょう。

制汗・消臭効果の高いデオドラント製品を使用する

ノースリーブを着用している時にデオドラントを使用するのは効果的です。有効成分が衣類に付着することもないので、効果も長持ちします。

ただ、TVCMをたくさん流しているデオドラント製品に惑わされないようにしてくださいね。

スプレーで冷やして気持ちよさそう、汗をかかずにスッキリいられそう、良い臭いがしそう、価格も安いから買ってみよう・・・とか考えたことありませんか?

本当に市販のデオドラントはおすすめできません。

⇒市販の制汗剤ではわきがや脇汗に大きな効果がない驚きの理由

私自身、まったく脇汗や臭いに関する知識がない時、ドラッグストアで販売していた制汗スプレーをたくさん試しましたが、どれも納得のいく効果はありませんでした。

むしろ、使えば使うほど症状は悪化していたように思います。

一時的に汗を乾かすことができるけど、5分もするとスプレーを使用前よりもっとたくさんの汗をかくようになりました。汗を冷気で無理に乾かしても何の対策にもなっていません。脇汗・臭いの対策は保湿と殺菌が非常に重要です。

今まで市販のどのデオドラント製品を試してダメだったという方も、当サイトで紹介しているデオドラント製品を試していただきたいと思います。

⇒わきがや脇汗対策におすすめのデオドラントランキング

当サイトでは管理人が実際に使用して、本当におすすめできると思ったものしか紹介していません。制汗クリームを塗れば長時間脇汗と臭いを抑えることができるので、ノースリーブ時には心強い味方となってくれます。

ちょっと汗かいてきたかな・・・と感じたら、トイレなどでサッと塗れるのも良いですね。

半袖時、わきの臭いと脇汗対策はどうすればいい?

服の素材によって、臭いの強さは違ってくる

実は服の素材選びも臭い対策には重要です。半袖の時は常にわきと服が触れ合っている状態なので、意識するようにしましょう。

服の素材は、大きく分けると化学繊維と天然素材の2種類に分けられます。

化学繊維にはポリエステル、アクリル、ポリウレタンなどがあります。とくにポリエステルでできている服は、たくさん出回っています。仕事用に白いシャツを買い求めたら、ポリエステル100%だったという事もあるかもしれません。

安価で買えるのがメリットですが、わきがの人は避けたい素材です。ポリエステルは、吸水性が良くないため汗をたくさんかくと肌の表面に汗が残った状態となり、雑菌が繁殖しやすくなります。結果、周囲にニオイをまき散らしてしまいます。

わきがの人におすすめなのは、天然素材でできた綿100%の服です。汗をしっかり吸い取ってくれます。

また、天然素材の服は空気を通しにくいので、ニオイが拡散するのを防げます。ニオイを吸着する効果があるのも嬉しいですね。ただ、最近は化学繊維も進化しており、「吸汗速乾」や「消臭」「防臭」などの効果がある商品も発売されていますので、試してみる価値はあるでしょう。

汗わきパッド・シートはあまりおすすめできない

袖のある服を着る時に汗わきパッドを使用する人は多いと思います。

汗わきパッドは汗を吸収して汗ジミを目立たないようにしてくれますが、臭いまでは対策できません。汗わきパッドへ汗と一緒に吸収されたわきが臭の原因菌が強烈な臭いを発生させてしまいます。

消臭成分を配合した汗わきパッドも販売されていますが、それでも次から次へと出てくる汗と臭い菌を完全に対策することはできません。

直接肌にはりつける汗わきシートも同様です。むしろ、直接肌にシートをはりつけるとわきの湿度が増して、より脇汗を増やしてしまうことも危惧されます。汗わきパッドやシートでの対策は当サイトでは推奨いたしません。

半袖の時にデオドラントを塗る時の注意点

半袖の時もデオドラントを塗ることで汗と臭いを対策できます。

ただ、制汗剤をつけた肌に衣類が触れ合うとシミになりそうで怖いという人もいるかと思います。

特に衣類に制汗剤が触れても問題はないのですが、気になる方は制汗クリームが乾いてから服を着るようにしましょう。ほとんどの制汗クリームはそんなにベタベタしていないので、衣類にうつる心配も少ないです。乾くのも早くなるように工夫がされています。

どうしても気になるという方は洋服に汗わきパッドをつけたうえで、制汗クリームを塗るようにすると良いでしょう。汗と臭いを抑えつつ、服にクリームがつくのも防げます。

高い洋服を着る際など、何がなんでも洋服にクリームをつけたくない時には良い策と言えます。

汗と臭いは簡単に対策できるが・・・

ノースリーブ、半袖の時でもデオドラント製品で汗と臭いを比較的簡単に対策できます。

ただ、あくまでデオドラントの制汗・消臭効果は長くても一日です。汗や臭いは体質だけでなく、生活習慣の影響も大きいです。デオドラントだけに頼らず、汗と臭いを抑えるための生活習慣をつくっていきたいですね。