日本

最近では日本でもわきがの割合が増えてきたとも言われています。

世界的に見るとまだまだ少ない方ですが、年々わきが体質の日本人は増加していると言われています。その理由は食生活が大きく関係していました。

日本人にはわきが体質の人が多い?

わきがの悩みについて耳にする機会も多いですが、実は、世界的に見ると日本人はわきが体質の割合が少ない国民といえます。

民族別に考えると、一般的には、黒人はほぼ100%、欧米人は70~90%と非常に多い割合です。一方で、日本人は10~15%、中国人は3~5%といわれて降り、とても少ない比率になっています。

しかし、ほとんどの人がわきが体質の欧米と比べ、日本人の方がわきがで悩む人が多いのも現状です。

欧米では、わきがや体臭は生理現象であるという認識の人が多く、不快に思う人も少ないです。

むしろ、一種のフェロモンと認識されており、香水などと組み合わせて魅力的に使っている人もいます。ところが日本人は世界でも稀に見る清潔好き、かつニオイ嫌いな国民です。少数派のわきが体質の人はニオイにかなり悩んでしまうことが多いのです。

とはいっても、日本人の10人に1人はわきが体質ですから、「自分だけが」と悩みすぎるのではなく、積極的な気持ちで対策を取るようにしたいですね。

わきがの人が増えているのはどうして?

欧米人にわきがの人が多い理由には、食文化が関係していると考えられています。

肉類など高カロリー、高脂質の食べ物には、皮脂腺やニオイの元を出すアポクリン汗腺を活発にする作用があります。

動物性タンパク質や脂肪はニオイの原料でもありますから、脂肪が多く、肉を好む人ほどニオイが強いというのもうなずけます。

一方、日本人が中心として食べてきた穀物や、野菜、魚などはワキガ体質の改善に効果的な栄養素が含まれているのです。これが、日本人にわきが体質の人が少ない理由です。ところが、最近日本人の食生活も肉やファストフードが増え欧米化してきています。

それによって、体質も欧米人化し、ワキガ体質が強くなっていると言われています。

効果的なわきが対策とは?

食生活が、わきが体質と関係があることがわかりましたね。では、どうやってわきが体質を改善していけばよいでしょうか。

和食は究極の消臭剤とも言われていて、野菜や魚などを使った和食中心の食事に切り替えることでニオイを軽減できます。脂っこい料理を控えることで、細菌の餌となるアポクリン汗腺から出る皮脂の量を減らせます。また、脂肪を分解し、皮脂の分泌を抑えるビタミン類を積極的に摂り入れましょう。

食生活を変化させることに加えて、日常的に改善できる分野がほかにもあります。

例えば、体臭の原因となって、アポクリン汗腺を刺激するタバコやお酒を減らすかやめるのはオススメです。

また、清潔さを保つことも欠かせません。わきをこまめに拭いたり、着替えたりして細菌の繁殖をふせぐことや、お風呂に使って毛穴を詰まらせないようにしたりといったケアも効果的です。

それに加えて、制汗剤選びにもこだわりましょう。細菌の餌となる汗を抑える効果と臭いの元を出す細菌そのものを減らす効果の両方があるものを選ぶようにしてください。地道な対策によって、少しでもわきが体質が改善できるように努力しましょう。

また、最近では効果的な外用薬やボツリヌス製剤の注射、手術などさまざまな方法のわきが治療があります。病院での医学的なわきが治療をすることも視野にいれても良いでしょう。