軽度

薄着の季節を迎えると、オフィスや通勤電車で自分のわきの臭いが気になる方が増えてくるのではないでしょうか。

臭いが気になり始めると、他人も不快に感じているのではないかと不安になるかもしれません。わきがの程度が軽い場合には、手術をしなくても症状を軽くできる手段はいろいろあります。ここでは軽度のわきが対策で効果的な方法についてご紹介します。

汗をこまめに拭き取る

汗が出る汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

エクリン腺は身体の広い範囲にある汗腺で、汗が出てもほとんどが水分のため臭いを感じることはあまりありません。その一方でアポクリン腺はわきや陰部など体毛の生えている部位や耳の中などにまとまっている汗腺で、タンパク質やアンモニア、脂質などを含んでいます。

アポクリン腺から出る汗も最初のうちは臭いがしないのですが、時間が経つとともに汗と皮膚にある菌が混ざって臭いが発生しやすくなってきます。そのため、わきに汗をかいたと感じたらこまめに拭き取るのがおすすめです。拭き取るときには湿らせた布を使ったりデオドラント効果のあるシートを使ったりすると消臭効果が高まります。

制汗剤・消臭スプレーを活用

わきの汗を抑えるには制汗剤を活用するのも効果的です。外出前にあらかじめスプレーしておくと通勤や通学で電車に乗っても汗をかきにくくなります。

スプレーは無香料のものを選んだ方が、汗をかいたときにも臭いが混じらず快適に使えます。外出先で運動する予定があるときには携帯用のサイズのものを持ち運ぶとよいでしょう。

汗の量が多くて制汗剤が流れてしまうときにはクリームタイプの制汗剤を使うのがおすすめです。

クリームタイプの制汗剤は保湿力が高いため、臭いを抑える効果が持続するのがメリットです。塗ったときにべたつかないものを選ぶと快適に使えるでしょう。また、衣類にスプレーして使う消臭剤も臭いを抑えるのに効果があります。外出する前に衣類にスプレーしておくと、汗をかいても臭いの原因になる成分を分解することができます。

石鹸で臭いのもとを除去

入浴するときに、わきを石鹸できれいに洗っておくと臭いの元になる雑菌を洗い流すことができます。

石鹸は弱酸性のものを選ぶのがよいとされています。肌の雑菌はアルカリ性で増えやすいといわれており、弱酸性の石鹸を使うことで雑菌を殺して健やかな肌に導くことができるためです。柿タンニンや茶カテキン、竹炭や銀イオンなど消臭効果の高い成分や保湿効果の高い成分を配合した石鹸も増えてきています。

石鹸を使うときには肌への刺激が強くならないよう、しっかり泡立てて優しく洗うのがコツです。肌を強くこすって洗うと肌の表面を傷めてバリアが弱まり、乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると臭いの原因になる成分も外に出やすくなるため臭いが強く感じられることがあるので注意が必要です。

着替えをすると効果的

満員電車で通勤するのでオフィスに着くころには汗だくになっているという方も多いのではないでしょうか。汗をかいて濡れた衣類は時間の経過とともに雑菌が繁殖して臭いがしやすくなってきます。

気温の高くなる季節には自宅を少し早めに出発してオフィスで服を着替えてみてはいかがでしょう。下着は汗をしっかり吸う素材で、わきまでカバーできるタイプを選んでおくのがおすすめです。わきの汗を逃さずに吸収できますし、オフィスで下着を着替えてしまえば皮膚で雑菌が繁殖しにくくなって臭いを減らす効果が大きくなります。オフィスで着替えるのが難しい場合には、わき用の汗取りパッドを使うのもよいでしょう。汗をかいたときにこまめに取り替えることで臭いが気にならなくなります。”