黄ばみ

下着や洋服をきちんと洗濯したつもりでも、黄ばみが残ってしまうことがあります。

洗濯した直後は気が付かなくても洋服や下着を着るときなってから、その黄ばみに気が付くことがあります。

黄ばみがあると恥ずかしくてその洋服を着られなくなってしまいますが、その黄ばみの原因とは何なのでしょうか。また適切な黄ばみの落とし方があるのでしょうか。

脇汗が黄ばみを作る原因

黄ばみの原因は脇汗です。脇汗といっても黄ばみを作るのはアポクリン腺から出る汗が原因です。

汗を出す汗腺には主に2つの種類があり、1つはエポクリン腺、もう1つがアポクリン腺です。エクリン腺とは体全体に存在する汗腺であるのに対して、アポクリン腺はわきに存在します。エクリン腺から発せられる汗はほとんどが水分であるため、サラサラとしており粘性も臭いもほとんどないのが特徴です。

しかしながらエポクリン腺から発せられる脇汗には、水分だけでなくアンモニア、脂質、たんぱく質といった成分が一緒に含まれているのです。

このエポクリン腺からの発汗量が多くしかも雑菌が多いと、わきがの臭いが発生しやすくなります。エポクリン腺に含まれている水分以外の成分が、雑菌と触れ合うことによりわきが特有の臭いが発生するからです。そして、エポクリン腺から発せられる成分の一つが、黄ばみを作ってしまうのです。

また本来は無色のエポクリン腺から出る汗も、発汗機能が弱っていることで黄色い色を出すことがあります。

常に快適な温度の下で生活をしている、運動をすすんで行わないと汗をかく機会が激減してしまいます。すると汗腺が使われずその機能が衰えてきてしまいます。汗腺機能が衰えてくると、鉄分やミネラルといった成分が汗に混じりやすくなり、黄ばみを起こすのです。

制汗剤が黄ばみの原因になることも

臭い対策はエチケットの一環ですから、汗ばむ季節には制汗剤を使用されている方も多いでしょう。ところが制汗剤に含まれている成分によっては、脇の下の黄ばみを引き起こすことがあるのです。

制汗剤には商品によってさまざまな成分が使われているのですが、自分の脇汗と制汗剤の成分が化学反応を起こして、黄色い色を出してしまうことがあるのです。

もしも制汗剤の使用を一時的にやめてみたことで黄ばみが改善された場合は、制汗剤が黄ばみの原因であったと考えられます。

脇汗の黄ばみの落とし方

洋服や下着についてしまった黄ばみが付着していると、不潔な印象を与えるためその洋服を着られなくなってしまいます。

しかし、適切な洗い方を実行すれば、黄ばみを落とすことはできるのです。

黄ばみを集中的に落とすためには、皮脂の分解酵素が配合されている製品を使用するのが効果的です。

普通の洗濯洗剤ではついてしまった黄ばみを落とすことが難しいので、専用の洗剤を使った方が黄ばみを落としやすくなります。

黄ばみは皮脂の汚れが付着したものですから、分解酵素が配合されている製品を使うことで汚れを分解して落ちやすくしてくれます。

しかし女性が持っている洋服は素材によっては洗剤を使うことで衣類にダメージを与えることがあります。皮脂分解酵素が配合されている洗剤は効果も高いのですが、衣類へのダメージも大きく衣類の寿命を縮めることにもつながります。

おしゃれ着や気に入った洋服の黄ばみ取りに適しているのが、重曹です。

重曹は比較的安く手に入れることができますし、料理や家のお掃除にも幅広く使えます。口に入れても手に触れても影響は少ないので、安全性も高いのです。重曹には漂白効果がありますので、重曹を水に溶かして衣類の黄ばんだ部分をつけておくだけです。

一晩ほどつけておくと黄ばみがかなり解消されてきます。その後普通に洗濯をすることでかなり黄ばみが落ちると期待できます。また重曹には汚れを落とすだけでなく、消臭効果も期待できます。

ワキガの方は重曹を使って洗濯をしたほうが黄ばみを落とすだけでなく、消臭効果も得られますので臭い対策にも効果的なのです。