気になる

 

今までわきのニオイが気になることはなかったのに、突然わきのニオイが強くなってきたという経験はありませんか?

わきがは生まれつきの体質のはずですが、なぜ急にわきがになってしまったのでしょうか。また、急にわきがになった場合はすぐに治るのでしょうか。わきのニオイが気になり出して戸惑っている人もいると思いますので、今回は、後天性のわきがについて解説します。

わきがって急になるの?

わきがは一般的に、身体の成長に伴って生まれつき持っているアポクリン腺が肥大することでわきがの症状が出てきます。生まれつきの体質によるものなので、後天的にわきがになることはありません。

しかし、急にわきがのようにニオイが強くなることがあるのです。これは、わきがの原因となるアポクリン腺を、わきがの人だけでなく全ての人が持っているためです。アポクリン腺が何らかの形で影響を受けると、わきがの症状が後天的に表れることがあります。

後天性のわきがの原因とは

人が持っているアポクリン腺の数は、生まれた時からずっと変わりません。

しかし、問題なのは、刺激による分泌液の濃さの変動です。食事で肉をたくさん食べる人は、アポクリン腺を刺激しやすいので注意が必要です。肉に含まれているタンパク質や脂質には、アポクリン腺の分泌液を濃くする作用があるのでニオイが強くなってしまいます。

後天性のわきがの原因は、偏った食生活とストレスが主になります。後天性のわきがは、生活習慣の乱れによって症状が表れることが多いのです。

後天性わきがにならないようにするには

後天性のわきがの原因となる食生活を見直したり、なるべくストレスを溜めないようにしたりすることが大切です。コンビニやファーストフードで食事を摂ることが多い人は、脂っこい食事になりやすいので注意しましょう。

また、ストレスによってアポクリン腺が刺激されて活性化すると、強いわきがのニオイを発するようになってしまうので、ストレスを感じたらなるべく休息を取るなど、ストレス対策も心掛けてみてください。

日本人は、アポクリン腺が退化しているのであまり活動していないのですが、ストレスによってアポクリン腺が刺激されると活動を始めてしまい汗が分泌されやすくなるので、ストレスに気をつけることがニオイ対策には欠かせません。

わきが対策にはデオドラントがおすすめ

わきが専用に販売されているデオドラントは、消臭力や殺菌効果が高く、朝塗って1日中ニオイを抑えられる優れものが出ています。何度も塗り直す必要がないのは、忙しい人にとってうれしいですね。

後天性のわきがは治ると言いますが、生活習慣を改善して体質を元に戻すまでには、それなりに時間が掛かります。後天性のわきがのニオイが気になると、それ自体がストレスになってしまうこともあるので、ニオイを消す効果が高い専用のデオドラントを使用しながら、生活を見直してみると良いでしょう。

また、デオドラントにはニオイを消すだけでなく、脇汗の量を減らしてくれる効果もあります。わきが専用のデオドラントでケアをすれば、「ニオイが気になる」という悩みは軽減されると思いますが、あまりニオイを気にし過ぎないようにしてください。自分のニオイに神経質になると、人と会うのが嫌になって、うつ病のような状態になる可能性があります。

後天性のわきがは、それなりに時間が掛かるとしても治るものですから、適切なケアをしながら過ごすようにしてください。個人差はありますが、半年ほどもすれば、ニオイはだいぶ気にならなくなってくるのではないでしょうか。

生活習慣の乱れを改善できる良い機会だと考えて、身体の内側から対策することが望ましいですね。デオドラントを上手く活用しながら、後天性のわきがを治していきましょう。