臭い

体臭に悩む場合に多くの人が気にしている場所といえば、まず挙げられるのが「脇の下」でしょう。

個人差はあっても、汗をかきやすく湿気がこもりやすいのがこの部分です。ドラッグストアでも体臭対策商品で目立つのは足の臭いと脇の下向けのデオドラント商品です。

ただ、実は脇汗自体はそれほど臭くないんです。というよりほぼ無臭です。その驚きの真実の秘密を解説いたします。

脇汗自体は臭くないのに、臭う原因は?

汗は汗腺から出ています。汗腺では水分を蒸発させることで体温を調節するという役割を果たしています。

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗線があります。前者から出る汗の成分の99%が水で、残りは塩化ナトリウムや尿素などの塩分類で構成されています。ほとんどが水なので、無臭です。困りものなのがアポクリン汗線です。

これは毛穴に通じているために、皮脂腺と隣り合う位置関係にあります。

皮脂腺はすべての毛穴にあり、皮脂を分泌します。皮脂は肌や髪の潤いを保つ大事な役割を担っているのですが、汗と混ざり合うと臭いの原因となってしまいます。

脇の下はエクリン汗腺だけでなくアポクリン汗線も発達しているので、汗を多くかきます。

加えて皮脂の分泌も多く、脂質やタンパク質、アミノ酸、ミネラルなどの細菌の栄養分となるものも流出しています。

脇からの汗そのものには臭いがなくても、こうした物質と混ざり合い酸化や分解されるために、独特の臭いを放つようになってしまいます。この臭いが脇汗の臭いの正体です。つまり、脇汗そのものは無臭です。汗と皮脂と細菌がそろうことによって、臭うのです。

脇汗が多い=ワキガ?

暑い夏はもちろん、冬場の室内は暖房もきいているので脇に汗をかきやすくなります。

ストレスや更年期の症状で、脇に大量の汗をかいてしまうこともあります。シャツに汗ジミができてしまい恥ずかしい思いをしたことがあるかもしれません。

外出先ですぐに汗を拭きとれずそのままにすることで、皮脂と混ざり酸化したり、雑菌が増えたりして臭うようになってしまいます。しかし、この臭いはワキガとは異なります。

ワキガは汗臭さとはちがって、苦いようなすっぱいような独特のものです。

ワキガの臭いの仕組み

ワキガは臭いのせいで不潔なイメージを持たれがちですが、そんなことはありません。

アポクリン汗腺が人より活発に働いているためにおきる症状です。アポクリン汗腺から出る汗は、脂質、タンパク質、糖質、アンモニアなどが多く含まれています。

栄養豊富で粘度も高いため、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。雑菌が汗を分解する過程で強い腐敗臭が発生するのですが、これがワキガなのです。

ワキガになる人とならない人のちがい

アクポリン汗腺は誰にでもあるものです。それなのに、ワキガになる人とならない人がいるのはなぜでしょう。

実はワキガには遺伝が関わる部分が強く、アクポリン汗腺が活発な人がなりやすいのです。日本人には少な目で、黒人や欧米人、アラブ圏の人種に多いようです。

ワキガではなく脇汗が臭いときは

汗臭さが原因の場合は、デオドラント商品でケアしましょう。

ドラッグストアで手軽に購入できますが、商品によって効能がちがってきます。自分のタイプや用途に応じたものを選ぶことが大切です。

分類としては、汗を抑える「制汗作用」、臭いを抑える「消臭作用」、細菌を減らす「殺菌作用」があります。

また、使い方も商品により異なります。吹き付けるスプレータイプ、脇に直接塗るロールオンタイプ、直接塗るペーストタイプなどがあります。スプレータイプは手軽ですが、腋毛の処理をしていない場合は効果が半減します。

ロールオンやペーストタイプは、効果が長持ちするので、こまめにケアできない仕事中にも適しています。

日中はデオドラント商品でケアし、帰宅後は入浴し汗と皮脂を洗い流しましょう。臭いが気になるからといって、ゴシゴシと強くこすっては肌を痛めます。石けんをふんわり泡立ててやさしく洗い上げましょう。