ネイル

おしゃれや身だしなみの一環としてネイルをしたくても手汗が多すぎて、ネイルサロンへ行くことをためらう人もいるでしょう。

手汗が気になるけどネイルがしたい!という人に役立つ、ネイルサロンに行く前の対策についてまとめました。手汗の原因についても軽く触れているので、ご覧になってみてください。

手汗をたくさんかいてしまう、その原因とは

手汗が多く出てしまう原因ですが、1つではありません。さまざまな原因が考えられるのです。

考えられる理由の1つがストレスや緊張です。ストレスを強く受けやすい方は、手汗をかきやすいのです。また緊張や不安が強くなるとやはり精神的なストレスが大きくなってしまうため、手汗をかきやすくなるのです。

他にも自律神経の乱れも手汗の量が増える原因になります。自律神経は体温調節やホルモンバランスといったさまざまな体の機能を調整する重要な役割を担っているのですが、その働きが乱れることによって手汗が増えることがあります。

また、女性は男性に比べてホルモンバランスが乱れやすいです。生理などでホルモンバランスが乱れると手汗も増えやすくなります。

他にも汗腺を刺激するような辛い食べ物、熱い食べ物を好んでたくさん食べていると手汗をかきやすくなりますし、太って皮下脂肪が増えると発汗量が増えて手汗も増えるのです。

ネイルサロンで手汗対策をお願いする

他人に自分の手汗がひどいことがわかるのが恥ずかしい。

そんな気持ちが強くなると緊張やストレスが強くなり、手汗が余計に出てきてしまいます。そうなると余計にネイルサロンから足が遠のくようになってしまいます。ネイルサロンへ行きたいけれど手汗が気になるときは、予めネイルサロンのスタッフに手汗がひどいことを伝えておくといいでしょう。

そうすればネイルサロンのスタッフがタオルの上に手を置いた状態でネイルの施術をしてくれます。手に熱がこもらないように冷却シートを置いてくれるなど手汗対策をとってくれるはずです。

またあらかじめ手汗がひどいことを伝えておくことで精神的にも楽になりますので、リラックスしてネイルを受けることができるようになります。

ネイルの施術を受けるときの手汗予防策

手汗がひどいということをネイルサロンのスタッフに伝えておいたとしても、それでも手汗の量をできる限り抑えたいと考えるでしょう。そのためにできる予防策がいくつかあります。

一つは制汗剤を使用してみることです。

手汗対策に効果的な手汗専用の制汗剤も販売されていますので、試してみるといいでしょう。

制汗剤を使用するときは臭いやべたつきを抑えるのではなく、発汗量を抑えてくれる効果のある制汗剤を選んだほうがより効果的です。

爪のマッサージも手汗対策に有効な方法の一つです。爪の生え際部分をマッサージすることにより、リラックス効果がもたらされて手汗をかきにくくなる効果が期待できます。

ただし、爪の生え際をマッサージするときは薬指だけ外して行うようにしたほうがいいでしょう。それは薬指の爪の生え際をマッサージすると、リラックス効果を高めてくれる副交感神経の働きを弱めてしまうからです。

ネイルサロンの施術を受ける前に、食べ物、飲み物にも注意を払うことも手汗予防に効果的です。体を温める、汗腺を刺激するようなものを食べたり飲んだりすると、その影響で汗が出やすくなってしまうからです。

ネイルサロンへ行くときは時間に余裕を持って出かけることも、手汗予防につながります。

予約していた時間に遅れそうだからと走ってしまうと体が温まってしまって、汗をかいて手汗の量も増えてしまうのです。手汗の量が増えると精神的にもストレスが強くなってしまい、余計に手汗の分泌量を増やす悪循環に陥ります。