成分

わきがの臭いや脇汗を抑えたい方に必須の「制汗剤」。

しかし、最近はさまざまな種類があって「どれを選んだらいいのかわからない…」という人が増えています。中には、「なんとなく」とか「CMしているから」という理由で購入するという人もいるでしょう。

しかし、制汗剤は含まれる成分によって、効果が大きく変わることをご存知でしたか?効果的な制汗剤を選ぶのに役立つ、臭いや脇汗を防ぐ成分についてご紹介します。

そもそもわきがの原因とは?脇汗の仕組み

脇には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2本の汗腺があり、同じ汗でも成分や臭いが全く違います。”わきが”は「アポクリン腺」から分泌される汗の臭いをさします。

エクリン腺から分泌される汗の特徴

99%が水分で、残りの1%は塩分などのミネラルでできているので、サラっとしています。ほとんど水分なので汗自体に臭いはありませんが、時間がたって雑菌が繁殖すると、汗の臭いが発生します。

汗を放置すると臭いがキツくなるのは雑菌が大きく関係しています。

アポクリン腺から分泌される汗の特徴

たんぱく質や脂質を含んでいるため、白っぽく粘り気があります。

エクリン腺から分泌される汗とは違い、汗自体の臭いが非常に強いです。一般的に”わきが”と呼ばれる臭いはアポクリン線から分泌される汗の臭いを指します。脇汗の元となる2つの汗腺をふさぐことができれば、汗の量が減り、臭いも抑えることができます。

わきがの臭いや脇汗を抑える成分とは?

制汗剤には、汗腺をふさいで「汗の量を抑える成分」や、雑菌の繁殖を予防して「臭いを抑える成分」など、さまざまな有効成分が入っています。

制汗剤の効果は含まれる成分によって大きく変わります。そのため、商品に記載されている成分表に、ご自身の悩みが解決する成分が入っているか、しっかり確認してから購入しましょう。

クロルヒドロキシアルミニウム

制汗剤に含まれる有効成分のひとつで、わきがの原因「アポクリン汗腺」の毛穴を収縮させて、汗の分泌量を抑える効果があります。汗の量を抑えたい方や、わきがの臭いを抑えたい方は、この成分が入った制汗剤を選ぶといいでしょう。

塩化アンモニウム

脇の毛穴を収縮させてふさぐことで、汗の量を抑える効果があります。効果の高さから多汗症の治療としても使われるほどです。汗の量を減らしたい方におすすめの成分です。

みょうばん

みょうばんは、制汗作用と殺菌作用を持ち合わせた成分で、汗の量を抑えて、臭いを抑える効果が期待できます。その効果の高さから、ローマ時代から制汗剤として使用されてきたほどです。

また、天然成分なので安全面が高いことからも人気を集めています。

銀イオン

制汗剤に多く含まれる成分で、銀イオン(Ag+)が、臭いの原因である「菌の繁殖」を抑えて殺菌することで、気になる臭いを抑えます。特に臭いを抑えたい方にはおすすめの成分です。

塩化ベンザルコニウム

殺菌作用が高く、菌の繁殖を抑えて、臭いを抑える効果があります。

殺菌力の高さから、一般的な消毒薬としても使用されています。わきがの方や、汗の臭いが強い方は、この成分が入った制汗剤を選びましょう。

自分に合った制汗剤を探すことが大切

汗の量や臭いに悩んでいる人の中には、「どれも効果がなかった…」という人が多いのではないでしょうか。

汗の量や臭いは、人によってさまざまで、人気のある制汗剤が、必ずしも自分に合うとは限りません。大切なのは、あなたの悩みに合った成分を含んだ制汗剤を使うことです。

⇒当サイトのわきが・脇汗対策におすすめの制汗剤ランキングはこちら