臭い

 

皆さんは「スメハラ」という言葉を耳にしたことはありますか?

これは「スメルハラスメント」を指す造語であり、体臭によって周囲に不快な思いをさせる行為の事を指しています。ただ体臭は、自分では気が付きにくく、きちんと対策出来ている方は割と少ないのではないでしょうか。

そんな体臭に対するお悩みの代表格である「わきが」。今回はわきがの種類と、その臭いの差をでる仕組みについて触れていきたいと思います。

「わきが」ってそもそも何?

人間には汗が分泌される器官として「汗腺」というものがあります。

この汗腺には2つ種類があり、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」というものが存在します。エクリン汗腺から分泌される汗は、水分がその多くを形成し、さらさらとして臭いも少ないのが特徴です。

一方、アポクリン汗腺から分泌される汗は脂肪酸やアンモニア、たんぱく質などを多く含み、特有の臭いを発するのが特徴です。

脇には汗腺が多く点在しており、このアポクリン汗腺の量が多かったり、または大きかったりすると臭いを発しやすく、「わきが」の原因になります。

わきがの臭いの種類って?

では、わきがとはどんな臭いを指すのでしょう。

一般的にわきがの臭いに似ているものとして挙げられるのが、お酢のような酸っぱい臭い、雑巾のような臭い、鉛筆の芯のような臭い、カビや埃のような臭い、チーズのような臭い、玉ネギのような臭いとじつに様々です。

例だけをみても、かなりの種類の臭いがあるように見受けられます。これはわきが自体、「この臭いがするとわきが」という具体的な定義が無く、脇から強い臭いがする症状をまとめて「わきが」と呼んでいる為です。

どうしてそれぞれ臭いが違うの?

顔、スタイルなどにも人それぞれ違いがあるように、体臭も人それぞれ違います。わきがの臭いを決める大きな要因の一つとして「アポクリン汗腺の形状の違い」が挙げられます。

わきがの臭いを抑える手術の一つとしてアポクリン汗腺を摘出してしまう方法があるのですが、その摘出したアポクリン汗腺を見ても、形状に大きな違いが見られます。

また形状だけでなく、その大きさや汗腺の並びにもそれぞれ違いがあります。これらの形状、大きさ、配列の違いが臭いの種類に影響しているといえるでしょう。

また、アポクリン汗腺から分泌される臭い成分には脂肪酸が含まれており、この脂肪酸の量が男性の方が多いことが分かっています。

また、皮膚に常在する汗の成分を分解するための常在菌の種類も、男女によって違いがあります。この辺りも個人の臭いの違いを分ける要因の一つといえそうです。

生活習慣が臭いの違いを作る

生活習慣の違いによっても、臭いに差は出てきます。

食生活では、肉の脂身や、バター、チーズなどの動物性油脂を多く含む食事を好まれる方はより体臭が強く出やすい事が分かっています。

アポクリン汗腺から発せられる臭い成分は、主に脂肪分を原料に作られているからです。

刺激の強い香辛料などもアポクリン汗腺が活発化されてしまうため、臭いの原因になりやすいです。食事は体を作る元を補給する為の行為ですから、体臭に与える影響は大きいといえます。

また、その人が感じているストレスの度合いによっても臭いは変化します。臭いの原因分子が増えるために、臭いが強くなる為です。

臭いは菌によって分解されるとまた違った臭いへと変化します。皮膚に常在している菌の量も生活習慣によって変化しやすいので臭いの違いに影響してきます。

わきがの臭いの種類は、アポクリン汗腺の形状、大きさ、性差などの遺伝的要素と、食生活やストレスなどの生活習慣が複雑に絡み合い、違いを作っているといえます。