黄色

自分の発している臭いが他人にとって不快となることもあるため、臭い対策はエチケットの一環です。

外気温が高く汗ばみやすい季節や、わきが体質の方は嫌な臭いが発しないように、制汗剤を使って汗の臭いを押さえる対策をとる方が多く見られます。

ところが制汗剤を使用すると、その時に着ていた洋服や下着に黄色いしみのようなものができてしまうことがあります。この黄ばみはなぜできてしまうのか、そして黄ばみを落とすのに有効な対策はあるのでしょうか。

黄ばみは制汗剤に含まれている成分が原因

制汗剤を使用して黄ばみができてしまうのは、それに含まれている成分が原因となることがあります。

主に汗や臭い対策で使用している制汗剤ですが、さまざまな化学成分が使われています。

脇の下には様々な菌が存在しているため、制汗剤の化学成分と反応して別の物質に変わることもあります。脇の下にある汗や皮脂と化学成分が結びつくことで洋服や下着に黄ばみを作ってしまうのです。

特に市販の制汗スプレーは刺激の強い成分が入っていることも多いので、黄ばみが出てくることも多いです。

⇒市販の制汗剤ではわきがや脇汗に大きな効果がない驚きの理由

制汗剤を使用してから黄ばみができるようになったという方は、一時的に製品の使用をやめるようにしましょう。これで黄ばみができなくなったら100%制汗剤の原因ということになります。

アポクリン腺から出る汗の色

脇の下にはエクリン腺という汗腺とアポクリン腺という2つの汗腺があります。

エクリン腺から出てくる汗はほとんどが水分ですから、無色透明で臭いもほとんどありません。一方でアポクリン腺から出てくる汗は、アンモニアや脂質、たんぱく質などさまざまな成分が混じっています。

そのうちの一つ、リポフスチンという成分が汗に色をつけて洋服や下着に黄ばみをつけてしまうのです。

汗腺が多くあることから脇の下は他の部分と比べても汗をかく量が多くなってしまうため、アポクリン腺からの汗の量が増えると黄ばみが目立ちやすくなるのです。

また、アポクリン汗腺から出る汗が多くなるとわきが臭も強くなってしまいます。食生活や品質の高いデオドラント製品でケアするように努めるようにしましょう。

⇒わきがの臭いを本気で自己対策!本当に効果があるのは・・・

汗腺機能が低下する、緊張による汗も黄ばみの原因

汗腺機能の低下と緊張による汗も黄ばみをつくる原因になります。

人間の体にはいろいろな機能が備わっているのですが、使わないことで機能低下を起こしやすくなります。汗を出す汗腺ですが、常に汗をかきにくい環境で過ごしていると機能が衰えてきます。たまにはエアコンのきいた快適な部屋から出ることも必要です。

あまりにも汗をかかない期間が続くと、本来は無色透明で色がついていない汗が出てくる汗腺でも、他の成分が混じって色がつくことがあります。

また、緊張することによって出てくる汗はアポクリン腺から分泌された汗のため、黄ばみができやすくなります。

制汗剤でついてしまった黄ばみの落とし方

上記の原因で洋服や下着についてしまった黄ばみは落とすことが可能です。

黄ばみは基本的に皮脂汚れです。しかも頑固な皮脂汚れですから、普通に洗濯洗剤を使用して洗濯をしても簡単に落とすことはできません。黄ばみの部分の皮脂汚れを落としてから、いつも通り洗濯をすると黄ばみが目立ちにくくなります。

汚れを分解する力が弱い洗剤を使用して黄ばみを落とそうとすると、何度も汚れている脇の部分を強くこすることになるため衣類の劣化を早めてしまいます。皮脂汚れに強力に働きかけてくれる洗剤を部分的に使用して、皮脂汚れを落とすことが大切です。

皮脂汚れを落とすのに適している洗剤の1つに台所用の洗剤があります。

台所用の洗剤は油分を分解する力に優れているため、頑固な皮脂汚れでも落としやすいのです。黄ばみのひどい部分に台所用洗剤をしみ込ませて優しくもみ洗いして汚れを落とします。

酸素系の漂白剤も黄ばみを落とすのに効果的な洗剤です。黄ばみの部分に漂白剤をしみ込ませてから、ドライヤーなどで温めると汚れの落ちがアップします。

その後、ぬるま湯につけて10分ほど放置しておくと、黄ばみが落ちやすくなります。酸素系の漂白剤を使用するときですが、色柄ものに使用すると色落ちすることもありますのでよく注意しながら使用しましょう。