スーツ

 

わきがでお悩みの皆さんにとって直接かく汗はもちろん心配ですが、もう一つ大きな悩みは衣服に付いてしまった臭いですよね。

汗をかいていなくても、わきが臭い衣服を着ていたら意味がありません。特に毎日着るスーツににおいが付いてしまって悩んでいる方、多いのではないでしょうか。

毎回クリーニングに出すのも大変ですし、今回は自宅で出来る消臭対策を紹介していきます。

においが取れないのは間違った保管方法が原因?正しい方法でスッキリ消臭!

衣服に付くにおいというのは菌が原因なので、シャツなどの普通の衣類は洗濯するのが一番良いのですが、スーツなどは水洗いができないので困りますよね。

市販の消臭スプレーをかけてもいまいちにおいが取れず、逆ににおいが混ざって余計に臭くなってしまうことも多いです。

消臭スプレーをかけているのに、と思うかもしれませんが、多くの場合消臭スプレーをかけた後の保管方法に問題があるのです。

スプレーをした後、すぐにクローゼットなどの閉めきった場所に入れてしまうと、水分が蒸発しないまま生乾きの状態になってしまうので、菌も消えずにおいが強くなるのです。

また菌のえさになるホコリやフケなどの汚れを落とさないままにしているのもよくありません。ですから、まずスーツを脱いだら軽くブラッシングをしてホコリやフケを取ることも大切です。

その後にスーツの脇の部分にまんべんなく無臭の消臭スプレーをふきかけ、ドライヤーの温風で水分を蒸発させます。そして風通しの良いところに幅広のハンガーにかけて保管しておくだけで翌朝にはにおいがスッキリ消えていますよ。

毎日の簡単なケアでにおい知らずに!

においが染みついてしまった時は上記のような消臭スプレーでのケアが必要ですが、実は毎日の簡単なケアでにおいが付くのを防ぐことができます。

におい成分は水に溶けやすいという性質があるので、汗や湿気で湿った状態のスーツを風通しの良い所で干しておくだけで、水分の蒸発と一緒ににおいも消えてくれるのです。

特にそこまで汗をかいていない日は、それだけでにおいをリセットすることができます。

暑い日などたくさん汗をかいてにおいが気になる時は、アイロンのスチームをかけると、繊維に付着したにおい成分が水分と一緒に蒸発してくれるので、より高い消臭効果が期待できます。

また、お風呂に入った後、換気扇を止めて蒸気が充満している状態の浴室にスーツをかけ、30分から1時間ほど放置した後、同じように風通しの良い場所に置いておくと、翌朝にはすっきりとにおいが取れています。

大切なのは、ホコリなどの汚れを軽くとること、水分を必ず蒸発させることです。以上の二点を意識するだけでもにおいの付き方が全然違ってきますよ。

においが付かないようにすることも大切!付く前と後ダブルのケアで無臭スーツに!

付いてしまったにおいをリセットする方法をいくつか説明してきましたが、そもそも汗をスーツに染みこませないことも大切です。

ワイシャツをそのまま着るのではなく、中に肌着を一枚着るだけでも汗の吸い取りが全然違ってきますし、たくさん汗をかく人は汗脇パッドも有効です。

スーツに直接貼ると脱いだ時に恥ずかしい場合は、ワイシャツやその下の肌着に貼ると目立たず汗が染みこむのをおさえることができます。また、朝制汗剤をつける、汗をかいたらすぐふき取ることも大切です。

最近は制汗、消臭効果の高いスプレーやクリームもたくさん出てきていますので、自分に合ったものを見つけると良いでしょう。

そもそもにおいとは細菌が汗を栄養として繁殖することで発生するので、脇や衣服を清潔に保つということが一番の解決策になります。

以上の点を意識して、毎日の簡単ケアでにおいのないスッキリスーツを目指しましょう。