タバコと酒

わきがの起こる原因は、アポクリン腺からの汗です。

汗は基本的には無色透明なのですが、アポクリン腺から出る汗は脂質やたんぱく質、アンモニアなどが含まれているのです。わきがの方はシャツのわきの部分が黄ばんでしまうことがよくありますが、それもエポクリン腺から出る汗の影響です。これが菌とまじりあうことによって、あの独特の嫌な臭いを発生するようになります。

わきがの原因は遺伝や生活習慣などが影響しているのですが、喫煙や飲酒の習慣がある方はさらにわきがを悪化させている可能性が高いのです。

このページではいかに喫煙と飲酒がわきがに悪影響を及ぼしているのかを徹底的に解説いたします。これからもお酒とタバコを楽しみたい方は読まない方がいいかもしれません……

お酒の飲み過ぎはわきがに悪影響?

適度な飲酒は健康増進や美容に効果的だと言われていますが、わきがを悪化させる原因にもなり得るのです。

それはお酒自体が強い臭いを発するからです。お酒を飲んでいる人の近くにいると、お酒臭いのがよくわかります。

お酒を飲んでいる本人は自分が発している臭いに気が付きにくいのですが、周りの人は臭いを敏感に察知するのです。それくらい強い臭いをお酒は持っているわけですから、それを体に入れることにより体から発せられる臭いも強くなってしまうのです。

さらにはアルコールが代謝されるときに、強い臭い物質を発生させるのですがこれが体の一部からも排泄されるようになるため、汗や口臭も強くなるのです。それ以外にもお酒が発汗を促すことも、わきが悪化させる原因になります。

お酒を飲むと体が短時間でカーッと熱くなってしまいますが、それはお酒が飲んですぐに熱に変わるからです。体が熱くなるとその熱を下げようと汗をかきますが、汗をかくときにわきがの原因であるアポクリン腺からの発汗も増えてしまうのです。

またお酒を飲むと急激に体が熱くなって発汗が促されるのですが、体がじわじわと温まって発汗するのと比べて、汗に含まれる臭い成分が多くなってしまいます。

喫煙がわきがの臭いを悪化させる?

喫煙の習慣がある方もわきがになりやすい、わきがを悪化させやすいので注意が必要です。それはタバコが強い臭いを発すること、そしてたばこに含まれているニコチンがわきがの臭いを強くする原因を作ってしまうからです。

タバコはそれを吸っているだけでも強い臭いを発しますし、喫煙者に近づくとタバコを吸っていない時でもタバコの臭いを感じるほど強い臭いを持っています。その臭いがタバコを持っている手に染み付いたり、体臭として発せられたりてしまうのです。

そのため喫煙者が発する汗や口臭は、非喫煙者と比べて強くなりがちです。さらにはタバコに含まれているニコチンもわきがの臭いを強くする原因になります。ニコチンは体温調節をコントロールする視床下部に働きかけて発汗を促してしまいます。

発汗量が増えてしまうとわきがの原因であるアポクリン腺からの発汗も増えるようになるため、わきがの臭いが強くなるのです。

わきがを改善したいなら喫煙、飲酒を見直すべき

わきがの方は、自分自身がどれだけ強い臭いを発しているのかが自分自身で知ることが難しいのです。それはわきがだけでなく口臭でも同じで、自分の発している臭いに鼻が慣れてしまうからです。

わきがの臭いによって周りを不快な気分にさせないためにも、わきがの臭いを少しでも抑えるための努力が必要になります。

適度な飲酒は美容と健康に良い効果をもたらしますが、飲み過ぎは臭いを強くする原因になりますので、お酒飲み過ぎには注意したほうがいいでしょう。

喫煙はわきがだけでなく、さまざまな健康被害をもたらす原因を作りますのでこれを機会にタバコを辞めるのも選択肢の一つです。

近年禁煙ブームでタバコを吸っている方も減少傾向にあり禁煙グッズや禁煙外来など禁煙をサポートしてくれる環境が整っています。節約にもなるので、タバコをやめるチャレンジをしてみませんか?