カップル

 

そばにいると、ツンと鼻をつくような独特な「わきが」の臭い。

知らない人のわきがが臭った時は、思わずその人から離れてしまう事もありますよね。

しかし、自分の恋人や友人がわきがだったら、ちゃんと伝えるのがやさしさと言えます。わきがの人の多くは「自分の臭い」に気づいていない事が多いため、傷つけないように教えてあげるのが良いでしょう。

もしも自分の友人がわきがだったら、どう伝える?

日本人のわきが体質の割合はおよそ10%。つまり10人に1人がわきが体質と言えます。わきがの状態にもよりますが、軽度の人は他人には分かるのですが、自分ではその臭いに気づく事はほぼないと言われています。

10人に一人の割合でわきが体質の人がいるのなら、友人の中にもわきがの人がいてもおかしくはありません。その友達のそばにいると、何となく臭う。暑い日や雨でじめじめした日には特に臭うのであれば、高い確率で友人がわきがと言えます。

わきがに限らず、体臭の問題はデリケートな事ゆえなかなか本人に伝えることは出来ません。しかし黙っている事が友人にとって良い事なのでしょうか。

その友人関係にもよりますが、悪ふざけができる位仲が良いならば、軽く伝えてみるのもアリです。じゃれあうついでに「なんか臭うぞー、自分かお前か、わきが大丈夫か!?」と、ふざけるついでに臭いについて伝えてみるのです。

あまり深刻に「以前から言いたかったのだけど…」と話すと、そんなに臭っていたのかとショックを受けてしまいます。あくまで気になったから伝えたというスタンスで行けば、友人もそうだったのかと気軽に受け止めてくれる場合が多いでしょう。

恋人がわきがだった場合、どうやって伝える?

友人よりももっと慎重に言葉を選んで、わきがの事を伝えなくてはいけないのが恋人です。

出来れば付き合って間もないころに、臭いの事をつたえてあげるのが良いでしょう。付き合いが長くなればなるほど「体臭」の事は伝えにくくなり、伝えたころには「今まで我慢させていたのか」と相手が辛くなってしまうケースもあります。

何かのきっかけのついでに、さりげなくわきがの事を話題に出せたら良いでしょう。

上着を脱いだ時、布団のシーツを取り換える時、洗濯物を洗うときなど、「何か臭う、もしかして自分はわきがかな?」と自然に話題がでれば、お互いの臭いをかいでみるきっかけにつながります。そこで、もしかしたらわきがかもしれないよ、という事を相手に伝えるのです。

わきがという事実が分かった時、辛いのは自分よりも相手の方でしょう。

その時に「自分は臭いも含めてあなたの事が好き」というフォローも忘れずに。実際お付き合いする前から相手がわきがという事実を知りながらも、付き合う事を決めている人もいるでしょう。体臭がひどいからといって、何も伝えず別れるのは相手を愛していないから。大切な恋人ならば、きちんと事実を伝えて今後どうするのか2人で話し合っていく事が理想です。

恋人でも友人でも、さらっと話せるのが理想的

なかなか伝えにくい、相手のわきがの臭い。しかしもし自分がわきがであり、気づかずにずっと過ごす事を考えたら、早く誰かに教えてもらいたいですよね。
大切な人こそなるべく早く事実を伝えてあげましょう。しかし恋人であれ友人であれ、あまり深刻に臭いの事を伝えるのは返って相手を傷つけてしまうかもしれません。

例えば「自分の知り合いがわきがで治療しているんだ、自分も気になっているのだけど、私の臭いは大丈夫?」と自分を主体にして話題を振ってみるのも良いでしょう。相手が自分の臭いの事を聞いてくるきっかけになるかもしれません。

わきがに限らず、口臭や体臭など、臭いのことを相手に伝えるのは勇気がいるものです。しかし大切な人だからこそ、さりげなく相手に伝えてみる。その時はショックを受けた相手も、次第に感謝することになるかもしれません。