保険適用

わきが治療・手術には高額な費用がかかってきます。

ただ、場合によっては保険が適用され、20万円以上安い価格で治療を受けることができます。わきが治療で保険適用を受けるために必要なことをまとめました。カウンセリングを受ける前にチェックしておきましょう。

わきが治療で保険を適用させるために必要なこと

保険診療を受け付けている病院を選ぶ

まず、保険診療を受けている病院やクリニックを選ぶようにするのが必須です。

現在は多くのクリニックで保険診療を受け付けていますが、一部の美容外科では保険診療を行っていないところもあります。カウンセリングを受ける前に保険診療が可能なクリニックかチェックするようにしていきましょう。

保険が適用されるかは医師次第なところもある

わきが治療で保険適用されるかは担当する医師次第なところもあります。

カウンセリングをした時に医師がわきの臭いをかいで、保険適用するか否かを決めます。臭いに明確な基準がないため、厳しい医師だったらわきが治療を認めてもらえない場合もあります。

そのため、Aクリニックでは保険適用を却下されたけれど、Bクリニックでは保険適用が認められたということもあります。一度保険適用を却下されても、諦めずに別のクリニックへカウンセリングに行ってみましょう。

カウンセリングの時に保険適用されなければ、別の病院・クリニックに行きますと医師に伝えておくと審査も緩くなるかもしれませんね。

ちなみにわきの臭いをかぐときに、医師が鼻を近づけたりはしないので安心してください。患者さんがわきに数分間はさんだガーゼの臭いを嗅ぎます。

医師だけでなく、クリニックのスタッフも一緒に嗅いで判断するケースもあります。たくさんの人に嗅がれるのは嫌かもしれませんが、最初だけなので我慢するようにしましょう。

あまりおすすめしませんが、保険適用を受けるために臭いを目立たせたいという方は前日~当日にジャンクフードやコーヒーを飲んでおくと良いでしょう。

⇒意外な落とし穴! わきがが悪化する6つの行動と習慣

保険適用を受けられる治療は一つだけ、レーザー治療・ボトックス注射は受けられない

現在、非常に多くのわきが治療法があります。

短時間で施術を終えることができて安価なボトックス注射。効果を実感しやすく、ダウンタイムも少ない最新のレーザー治療。ミラドライという機器での治療を薦めているクリニックも多く見られます。

ただ、保険適用を受けられるのは剪除法のみです。

剪除法は医師の目でわきがの原因となるアポクリン汗腺を取り除いていく手術です。メスで皮膚を切開するので、わきに傷が残ります。ダウンタイムも長いのがデメリットです。

汗と臭いを抑えるには一番効果的な治療と言えます。再発することも少ないので、完全にわきがを改善したいという人におすすめです。

ただ前述したように、剪除法も保険が適用されない自由診療を行っている病院もあるので注意しましょう。

実際にわきがの手術で保険が適用されるとどれくらい安くなる?

わきが手術の剪除法はクリニックによって価格に差がありますが、通常15万~30万円の費用を必要とします。

保険適用されると3割負担で済むので、(30万の3割=9万円)通常よりも21万円安く手術を受けられることもあります。

手術前後の検査・処置料、入院する場合などで費用も変わってきます。手術を受ける前に、医師が保険適用をした場合の料金も伝えてくれるので心配いりません。

安いクリニックでは5万円以下で手術を受けられますが、一生に一度しか受けないであろうわきが手術を価格だけで決めないで欲しいというのもあります。特に剪除法は医師の腕が非常に重要になるので、症例数・実績の多いクリニックをおすすめします。

わきが治療・手術で保険適用を受けるためのまとめ

    保険適用を受けるために必要なこと
  • 保険診療を受け付けていないクリニックもあるので注意
  • 保険適用可能・不可能は医師の嗅覚にかかっている。
  • 一度保険適用を却下されても、別の病院で認められる可能性がある。
  • ボトックス注射や最新のレーザー治療は保険が適用されない。
  • 剪除法は効果の高い治療だが、ダウンタイムも長い。
  • 保険適用で20万以上安くなることもある。

重度のわきが・多汗症の人に剪除法は最適な治療です。切開の跡が残るという難点を納得したうえで手術を受けるようにしてください。クリニックのホームページでも術後の写真を後悔しているのでご覧になってみてください。